住宅ローン借り換えの基準を相談したい

住宅ローンを借り換えるには、何らかのメリットがなければいけませんね。
多くの人は借り入れた当時よりも金利が下がったから、借り換えれば利子が減るので返済額が少なくなると考えて借り換えを検討すると思います。
しかし、住宅ローンの借り換えを考えている人のすべてに恩恵があるわけではありません。
まず、銀行の相談窓口で借り換えのシュミレーションをしてもらいましょう。
借り換えには、元本以外に各種手数料や保証料、担保となる抵当権の付け替えに関する税金や印紙、司法書士への報酬など驚くほどの諸経費がかかります。
これらを差し引いても、残る金額があれば借り換えるメリットがあるわけです。
一般に言われる借り換えの基準は「10年、1,000万円、10%」ですが、最近は保証料を無料にしてる銀行もありますので、それらを選択すればもっとハードルは下がります。